安いニコテックスで、お手軽に禁煙を始めたい方への情報サイトです

Archive for 10月 2014

医薬品の通販を行う際に考えられる方法として、輸入販売を行っている一般的なお店から購入する事と自分で直接輸入する二つの方法があげられます。
前者の場合は、購入者側としては一般的な通販と同様の法を守れば特に特別な規制は有りませんが、後者の自分で輸入を行う個人輸入の事例になると利益も多いですが様々な規制が入ることになります。
個人輸入最大のメリットとして国内では未認可の薬品を輸入して使うことが出来るという事が上げられます。
一般的な輸入販売業も薬事法の規制を受けることになるので、未認可の薬品を販売する事は出来ませんが、個人輸入の場合はそういった規制が緩和されているのです。
ですが、逆に未認可の医薬品というのは日本においては科学的な検査がなされていないという事ですから副作用などの恐れがありますし、もし副作用などが起こってしまった場合は国や企業ではなく完全な自己責任という扱いになります。
また個人輸入というのはあくまでも「自分が使う」事が前提に有るので、輸入した薬品を販売したり譲るという事は違法ですし、数人分まとめてゆにゅするという事も違法となっています。
そして個人輸入代行業者というのも存在するのですが、医薬品においては基本的にそういった業務は認められていません。

タバコは値段も急激に上がり、一昔前とはタバコを吸える場所も減っていて、喫煙者にとっては肩身の狭い社会となっています。
健康のため、経済的な理由で多くの人が喫煙しようとしています。

禁煙は禁断症状がつらく、自分の意志だけでは続きにくいものです。
社会全体で禁煙をサポートしていく為に最近は禁煙外来も盛んに行われています。

禁煙補助薬であるニコチンガムを使うことは禁煙達成に強い見方となります。
禁煙期間中、禁断症状が起こったらガムを噛むことで弱いニコチンを口の中に行き渡らせ、イライラを軽減させます。

ニコチンガムは3ヶ月を目安にプログラムを終了させます。
その間に禁煙が達成できないときは6ヶ月まで期間を延ばします。

ニコテックスはニコチンガムの一つでジェネリック医薬品です。
2mgと4mgの種類があり、喫煙歴や量に合わせて選びます。
メジャーなニコチンガムよりお得に買えることもあって人気となっています。

ニコテックスは通販で買うことも可能で、多くの通販サイトで対応しています。
個人輸入という手段もあります。
ニコチンガムを処方箋無しに大量に買うことは違法となる場合もあるので、きちんと医院や薬局に確認することが必要になります。